読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子タイムカプセル

多彩人と呼ばれし、ふぃありぼが好きなコトを好きなだけ描くラクガキ帳

寝れない人必見!深い睡眠に入るコツ

朝起きにくい人は多いんじゃないでしょうか?
実は僕も朝に弱く、毎日遅刻ギリギリで登校してるんですよねー
そこで今回は深い睡眠に入る方法を専門家がテレビで言ってたのでまとめてみますw(丸パクリ)

・寝る前にスマホをいじる

・スウェットを着て寝る

・ソファーで寝る

・昼寝をしすぎる

・起きる時間がバラバラ

・仕事部屋と寝室が一緒

・夕食に温かいものが少ないf:id:fiarivo:20170423221639j:plain

リスカをやめたいけどやめれない人へ

僕はリスカを可哀想と思う人の心理が理解できません。いじめをテレビで報道することで自殺が増えるように、リスカをする事が可哀想という謎の風潮のせいで「私は可哀想なんだ」と周りに甘えてリスカ率は更に増えてしまうのではないでしょうか?今回はリスカをしている人への僕からの意見や対策方法などを紹介していこうと思います。

自分にもあった引きこもり生活

リスカはしていませんが、実は僕も学校での友達関係に疲れて学校に行く気力がなくなり、半年間の引きこもり生活を送っていました。これからの事なんて考えれば考えれる程イライラするのであんまり考えずに毎日YouTubeをぼーっと眺めていました。そこで、今の僕があるきっかけに出会いました。それは〝ネット生放送〟です。言いたいことを堂々と言う人がいたり、歌い手と呼ばれる人が楽しそうに声真似していたり、頭のよさそうな人、喧嘩凸をしている人、女声で男を釣る人など、いろんな配信スタイルを持った配信者がたくさんいました。僕はその自由さに魅了され、ネットという第二の居場所を見つけました。自分が見ていた世界の小ささを痛感しましたねー。そこで謎の勇気をもらい、学校に登校しました。半年間の頭痛は嘘のように消え、ちょうちょを追いかける子供のようにいろんな生放送を観ていました!学校に行ってない間に僕は自分が没頭できるものを見つけ、自分を見つめ直せた半年間でした。

リスカしている人は自己中で視野が狭い

「私は不幸だ」とネガティブになりがちな人たちですが、まず視野が狭いです。考えてみてください。紛争中の地域・親がいない人・虐待を受けている人・いじめにあってる人・仕事が見つからない人などなど世の中には〝不幸〟と呼ばれる人は数多く存在します。あなたも先ほどの例に当てはまるかもしれません。しかしどんな環境でも環境に言い訳せず活かすことができます。-×-はプラスです。ここで例としてラッパーを紹介しましょう。彼らは自分の壮絶な人生をリリックに込めています。
もちろん、彼らに・僕にできたからあなたができるとは一概には言えませんが自分を傷つけずに、この機会に自分の知らなかった発見をしましょう。没頭するものさえ見つかればリスカ卒業まであと一歩です。

対策方法

1.好きなものを見つけよう
好きなアイドル・好きなスポーツ・好きなアニメとか何でもいいので何かに没頭することでストレス解消になったりあなたの好きなものを好きな人とも交流できるでしょう。好きなものはーです!と自信をもって好きなコトを言える人ってカッコイイです!

2.Twitterで友達を作ろう
リアル限界ならネットをあなたの居場所にするのもいいでしょう。昔は親・友達くらいしか相談できなくて苦しかった人も多いでしょうが、今は全世界の人と繋がれるんです。タグで自分の趣味の合う人を探したり、ツイキャスのお悩み相談凸待ちにいくのも今ならではのやり方だなぁと感じます!

3.自己啓発本を読もう
一冊は読んでほしいかなと思います。自己啓発コーナーに行けば多種多様な本がそろっているので気になったものを手に取ってみてください。自己啓発は今に苦しんでいる人の助け舟になる可能性は十分高いでしょう。



ここまで書いてて申し訳ないのですが、僕はまだリスカの心理とかについては勉強していない状態なので、あくまで僕の考えだと思ってください。
リスカをしていい事ってありますか?ないですよね。ならなぜしてしまうのでしょうか。いろんな理由があると思いますが、それは単なるできない自分への言い訳でしかありません。
どんな環境でもあなたは一人の人間。さぁリスカなんてくだらない事さっさとやめて今を楽しみましょー!

ブログをまとめれるサイト〝ひとくり〟

「ブログ見るの好きだけどわざわざいろんなサイトに登録して見るとかめんどくさすぎなんだが」という人にピッタリなサイトを見つけてしまいましたぁぁ!
「やり方がどーせめんどくさいんでしょ?」とよく言われますが、なんと

メルアドで登録➡リストに入れたいブログのリンクをコピペ

これで終わりなんですw
良かったらまたつかってみてくださいねー!


PC版
www.hitokuri.com
スマホ
m.hitokuri.com

コミュ障・学生必見!友達の作り方

マスクは外す

これは当たり前ですよね。花粉症でも言い訳せず花粉症対策メガネ購入をオススメします

とりあえず笑顔

笑顔を無理に作っても気持ち悪いと思うのでかわいい子以外は不愛想だけには気を付けましょう

同じ学校の人と固まらない

クラス内に前の同じ学校の人がいるのなら話は別です。ほかのクラスにいるならやめておきましょう。そのうちお互いのクラスではグループが出来てあなたの居場所はクラスの端です

LINEグループに入る

Twitterで学校名を検索してみたら解決です。あとはあなたたちの得意なネットを上手く利用しましょ!

無理に友達を作ろうとしない

意識しすぎるとメンタルに傷がつくので…

積極的に話しかけてみる

これはできる方だけで大丈夫です

自己紹介タイムで勝負!?

自己紹介タイムは必ず設けられるので考えておきましょ。ここでうまく自分を表現できれば、今まで悩んでたことは解決するんじゃないでしょうか

魅せるサッカー!フリースタイルフットボールの魅力

サッカーをしていない方、サッカー部だったけどケガして辞めた方などにはオススメしたいスポーツです。僕自身もサッカー部でのケガをして存在を知りました。
文章で伝えるのがとても難しいので動画をいくつか挙げていきたいと思います!

ストリートサッカー

まず、ストリートでサッカーするということに衝撃を受けました。これが僕のフリースタイルフットボールへの入り口でした。

Insane STREET Football Skills - Panna London Pt2 Séan Garnier

Séan Garnier vs Neymar |HD|

フリースタイルフットボール

こっちは今までサッカーの付録的存在だったリフティングを一つの確立されたスポーツにしたフリースタイルフットボールです。

Red Bull Street Style World Finals 2012 Italy

FINAL BATTLE - Charly (Argentina) vs Kosuke (Japan) :: Red Bull Street Style 2016

聴けばわかる!おすすめしたいラッパー

僕がラッパーを紹介するというより、皆さんがどう感じるかだと思います。なので僕の意見ではなく、ラッパーごとにかっこいいと思ったリリックを載せておきます!

SALU

〝いつだってGoodtime どう取るかが問題〟

f:id:fiarivo:20170331145106j:plain

SALU「In My Life」

NORIKIYO

〝俺が嫌い?そりゃいいきっかけ、ならひっくり返してみな、いいんだぜ?〟

f:id:fiarivo:20170331145125j:plain

【MV】BITTER DAYS / NORIKIYO

jinmenusagi

〝何でもないよ、何をしてようと勝手じゃないの?〟

f:id:fiarivo:20170331145432j:plain

Jinmenusagi x DubbyMaple - はやい

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 【感想】

学校に様々な疑問を抱いている現役高校生の僕にとっては凄く貴重な本です。
〝アクセルの踏み方教本ではなくブレーキの外し方教本〟を出版された堀江貴文さんの本の感想を書いていきます。

⤴詳細貼っておきます

学生には特に勧めたい

学生からしてみれば小難しい本ばかりに見える本屋の中でこの本のタイトルは興味深いのではないでしょうか?
堀江貴文さんの全ての本にいえることですが、分かりやすいグラフに面白い例えが使われているので確実に理解できると思います。
学校によって人生がどうなるのかを着々と読み進めていくのは、未解決事件の真相を解き明かすテレビ番組を観ているようでとても楽しいです!

学校・会社・L/G人材・貯金/投資型・没頭

学校の事だけでなく、学校によって視野が狭くなることを例に表しながら説明されています。
正直、こういう本を紹介するのって難しすぎるんですよねぇ。
遊園地の紹介をしてるみたいに実際その目で見てほしいって気持ちが強いです・・

感想

通学路の石ころを気にしないように学校に普通に通っていると気がつかない事をこういう機会に学べるのはいいですよね。学校の図書室に置くべき本はこういう本なのでは..と思いました。
学校で学ぶ機会がないものばかりが新しいものを生んでいるというのに、学校に行かないと「人生オワタ」なんてこの本読んだらもう言えませんよぉーー



こちらも良ければ閲覧くださいませ
fiarivo.hatenablog.com